<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今日、お会いした人びと。

・みーくん in car
・おねいもとおねさん
・長澤さん
・南部はっちやね
・トチコ

皆さん、たくさんのご声援ありがとうございます!
[PR]
2週間前は私はまさかこんなことになろうとは全く想像だにしていない。

『政治ってどんなもんなの?』
『私にはかなり無縁というか縁遠い存在だけど、政治家って何やってんの?!』
ただのそんな気持ちからだった。

私が青年海外協力隊を受験しようとした時も同じ気持ちだった。
『途上国ってどんなもんなの?』
『私には想像できない世界だけど、私なんかに何かできることある?!』

私は、自分を現場に身を投じ、体で肌で体感することで学問するタイプ。
机上の空論が好きではないから。

政治の現場ってどんなことやってんのよ!?
私たち一般庶民には縁遠いけどさ、もう少し身近にならないもんなの、政治ってさー!?

そんな気持ちから私の今が始まっている。

インターンかボランティアをやりたかった。
議員さんが何をしているのか、何を考えているのか、そしてどんな人が議員になっているのか。

しかし、どこからこうなったのか、私が選挙に出ることになった。
意味が解らなかった。

確かに興味があったから、メールをしたのだ。
でも、こんなタイミングで?!

正直、自分の中での決断は早い方だった。
なんでかよくわからないが。

親に、家族に言えなかった。
だって、体調を崩して仕事を辞めて1年間充電期間があり、なんて言われるか怖かったから。
案の定、反対された。
めちゃくちゃ反対された。
というよりは、父親に説教され、しまいには「知らん!」と言われ、その場から居なくなった。

涙ばかり流していた。
何も言えず、涙ばかり止まらない。
なぜか悔しかった。

その次の日1日ずっと、父とは口を利かなかった。

悩んだ。悩んで悩んで、なぜか涙ばかり出ていた。
自分でも意味のわからない涙。

解っている。
家族は私に何が言いたかったのか。
だから涙が止まらなかった。

私の体調を気遣い、でもその反面、前へ踏み出している私を本当は全面的に応援し後押ししたいけれど心配でどうしていいのか解らないから。

だからこそ、私も真剣に悩んだ。
中途半端には出来ないものだから。大変なことだから。責任のあるものだから。
そして、私の人生を変えるかもしれない出来事だから。

2日間かけて両親を、家族を、説得した。
決して容易なことではなかった。

でも私が涙を流し、自分の決心を伝え、一生懸命に前を向いて歩こうとしている私を見て、
何も言わなくなった。。。

短期間でこんなに目まぐるしく、1日が長い濃い日々を送ったのは人生で初めて(だと思う)。

だからこそ、この一歩は力強く大地に根ざしている。
大地を捉えている。

私は信じている。

ありがとう!
[PR]
孔子「論語」より。
『吾、15にして学に志し、30にして立ち、40にして惑わず、50にして天命を知る。60にして耳順(耳にしたがう)、70にして心の欲するところに従って矩(のり)をこえず』

30歳で自己の見識を確立し、独立する。

仕事を辞めてからずっと、考えていた。
色々いろいろ、、、、考えていた。


私の座右の銘。
 敬 天 愛 人 』 (敬子の敬!)


人は天命というものを天から与えられ、それに従い生きているのである。人それぞれには、天から与えられた「天命」というものがあり、それに従って、人は生きているのである。だからこそ、人はまず天を敬うことを目的とするべきである。天というものは、「仁愛」すなわち人々を平等に、かつやさしく愛してくれるものであるので、「天命」というものを自覚するのであれば、天が我々を愛してくれるように、人は自らも他の人に対して、天と同じように、「慈愛」を持って接することが何よりも必要である。

私はどこに居ようと、何をしていようと、私はわたし。
なんも変わりはしない。

これからももちろん変わらず、わたしは敬天愛人 :) !



野菜男爵さん、敬天愛人を決してお金で買ってはいけません!!
[PR]
地域政党いわて」の公認候補第一号として、予定されている盛岡選挙区の岩手県議会議員補欠選挙に立候補することになりました!

「政治の世界をのぞいてみたい!」と、現岩手県議会議員及川あつし氏にメールを送りました。

『社会に貢献するために、政治は1つの有効な手段だと思った。ぜひインターンかボランティアをさせてください!!!』と。

それから様々な経緯を辿り、今に至ります。


これから盛岡市内を遊説して歩きます!
題して、「けいこの青空トーク大作戦!目標1000回」。

演説なんてやったことない!!
でも自分の気持ちを精一杯皆さんにお伝えできるよう一生懸命頑張ってまいります!!
ご理解とご支援のほど宜しくお願いいたします(^-^)!!
[PR]
f0232768_031269.jpg大きないちご。
真っ赤ないちご。
美味的いちご。

岩手県八幡平市のいちごのいちご。
(KつHiRoさん、ありがとう!!)

これを食べると政治家になれる!
かもしれない :D (笑)。


そんな伝説、作っちゃう♪!?


追記
この記事、本当は5月20日にUPしたかったのに、熱血A氏に止められ、12時間ほどだけ一度世間にさらされていた記事でごわす071.gif

[PR]
人生は本当に何が起こるか分からない・・・。

このブログを立ち上げてからまだ2カ月も経っていないのに、まさかこんなことになるなんて。

私の人生、どうなっているんだろう。
どうなってしまうんだろう。。。

でも一つだけ言えること。
『毎日がとっても楽しい』ということ。

新しいことばかりで正直大変だけど、でも新しい出会いへ、新しい環境へ身を投じて、一生懸命に生きている自分を客観視すると、これまでの1年間が嘘のよう。

生きていると実感できるって本当に幸せなんだなあって思います。

皆さん、びっくりさせてしまって本当にごめんなさい!

でも、わたくし、ここに胸を張って生きております :) !


追伸:
千田さん!菅ちゃん!そしてアコ~!!!
本当に政治への道を歩み始めることになってしまったよ~!!
でも私はわたし。今までとなーんも変わんないから♪
[PR]
f0232768_0424419.jpg大人になると子どもの頃に大好きだったものを忘れてしまいがち。

おてんとさまの下で、小鳥がさえずり、草花の匂いとともに、たまご焼きとハンバーグを頬張る。

自然の恵み。
岩手の恵み。
感謝、感謝。

たまには大人の遠足、いいものです♪
さあ、300円分のおやつとお弁当を持って、近くの森へ LET'S GO !
きっと小さい頃に出会った素敵な仲間が待っているよ :)


おいもさん、お弁当美味しかったね :) !!
[PR]
f0232768_22523436.jpg私にはおいもさん以外にもう1人大事な妹がおります。
良き相談相手、ではないですね、もっぱら私の愚痴を聞いて慰めてくれる、愛犬チチャ。
(愛称チチータ)

彼女は地球の裏側、南米ボリビアのトラタ村からはるばるやってきました!
ボリビア名物?とうもろこしでできたお酒(決して美味しいとは言えない;)の名前がチチャ(chicha)。
私はボリビアではチチャ隊員と呼ばれていたほど、村人たちとあーでもないこーでもないと語り合いながらチチャをよく呑んだものだ。
お陰さまで10キロ以上?肥えました~(笑)
ということでそこからチチャと命名しました♪

散歩していると必ず『何の種類の犬ですか!?』と聞かれてしまうほど、面白い顔のチチャでございます。

もう一匹。
爺さんがおりますが、後ほどご紹介いたします♪
[PR]
f0232768_1785159.jpg私は人間が大好き。
この社交的な性格から(?)人とのコミュニケーションを図ることが得意(のつもり!)。
(堅苦しい書き言葉は苦手でもっぱら砕けた口調でしか話せませんが・・・)

人とのつきあいを大切にし、人と人とのつながりはつねに大事にしています。
それは、今までの経験から、人間関係、信頼関係を良好に構築できることは、キャリアの幅を広げるだけでなく、人間として、女性として大きく成長できると思っているから。

幅広い人脈が、時には思いもかけない縁を呼び起こすことも(驚) :D !!
[PR]
f0232768_20482911.jpg子どもは無邪気でパワー満点。
笑顔を見るだけで幸せになる。

今年ピカピカの小学1年生になったRINAX。
温泉大好きさんの誕生日に手作りケーキを作ってお祝いしてあげたいという、なんとも可愛らしいリクエストに答え、イチゴケーキを一緒に作ってあげた。

不器用だけどとっても愛のこもったケーキ。

そして一言。
『大きくなったらケーキ屋さんになってもっと美味しいケーキを作ってあげるね!』
涙が出てしまう。。。

f0232768_217293.jpgRINAXは弟、妹の面倒をよく見るしっかり者でとても賢いお姉ちゃん。
まだ慣れない初めての小学校では嫌いな野菜を頑張って食べている :)
そんな元気いっぱいの彼女も、本当はまだまだパパ、ママに甘えたい年頃。
運動会では、近くにいると分かっているパパ、ママを恋しがり、泣きべそばかり。
そんなRINAXが、それでも頑張って涙をこらえて50m走を一生懸命走りぬく。
涙もろい私は、RINAXが競技中は終始、目が赤かった。

子どもの成長に携わることは大人をも成長させる。
子どもは正直で、感受性も豊か。
その子どもたちと対等に向き合い、話し、遊び、考えることは、大人同士の付き合いでは決して学べない実りある課外授業となる。

More
[PR]